消しゴムはんこの基本を見直してみる実験。

c0154210_19371811.jpg

消しゴムはんこの基本を見直してみる実験。
①②転写したら、普段は図案の線を彫るから始まるんだけど、
それを青い線(今回は説明のために水性ペンで描きました)の方から、
図案の鉛筆の線の方に彫る方から始める。
図案の線の下までは絶対に刃を入れないないこと。
青線と図案線の中間くらいで止めること。

③④次に図案の方の線(鉛筆の線)から外に向かってがっつり彫る。

このやり方だと周りを取るときに本体を傷付けることが少なくなる。
今までも周りを取るときは、本体の方に歯を入れ直して外してたけど、
面倒になってつい、迎えにいく方から、ちょっと力を入れてしまい、
本体を傷付けちゃったりね。

それはなくなるかもとほのかな期待を。

c0154210_19372240.jpg

⑤鉛筆線の内側に青い線を引いてみる。


⑥青い線の方から鉛筆線の方に歯を入れて彫る。
 鉛筆線の下までは絶対に刃を入れないこと。


⑦⑧鉛筆線の方からがっつり彫る。

...

消しゴムはんこを始めたばかりの人は混乱するかもしれないので、ご注意を。
慣れてる方は大丈夫かな?

こういうことに万人に効く正解はなので、
自分にとって、作品にとって一番と思う方法で
彫るのがオススメです。

c0154210_19372508.jpg
仕上げは人それぞれ。

クルッと剥いても。
四角いままでも。

綺麗に見えて、捺しやすいはんこになあれ!!

基本って誰が決めたんだろう?

案外、篆刻の時の印刀で彫るときのルールのままだったり?
別の技法だったり。

見直してみるのも楽しいかな?



[PR]
by kikiyastamp | 2015-04-25 19:48 | 消しゴムはんこ | Comments(0)